畑の土作りには、微生物を増やすことが大事です。菌ちゃん先生の吉田俊道さんも推奨しています。なので、無煙炭火器の家庭用タイプ(50cm)を購入して、使ってみました。毎年出る果樹の剪定枝(梅、いちじく)を燃やしました。枝を小分けして用意していました。最初の着火は、新聞紙をつかいましたが、新聞だけだとなかなか着火しなかったので、畑にある菊芋の茎をつかいました。菊芋の枝は、可燃性がいいので、アッと言うまに燃え広がりました。炭化器はステンレス製なので対流が起こり煙が出ないので、近所迷惑にならないです。小1時間で、ほぼ、炭が器一杯になりました。例年なら、車で往復1時間かけて処分業者さんに持ち込んで処分料を支払っていましたが、炭を投入して、土作りができるなら、農家さんは、無煙炭火器を購入されたらどうでしょうか。繰り返しつかえますので。

投稿者

tansodaiji

からだに優しい野菜つくりをめざしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)