本日は、踏み込み温床を利用して、夏野菜のナス、トマトの種まきをしました。踏み込み温床は、先週、道際に落ち葉が、かたまっているのコンテナ4杯分を軽トラで運んで帰りに、精米所で、米ぬかをもらい受けてつくりました。囲いは、間地ブロックを1段使用し(高さ30cm)下をスコップで30cmほど穴を掘るという簡単なものです。ビニールを2重掛けして保温してみました。朝、温度計をさしこんだら、15度あったので、ある程度発酵熱で保温されていることが確認されました。プラグトレイに育苗土をいれ、なすとトマトの種まきをしました。ピーマンは、発芽に時間がかかるのらしいので、ジップロックに湿らせたペーパータオルで包んで、ポケットにいれて発芽してから種まきします。サツマイモの蔓とりにも温床の上に10cm育苗土いれサツマイモ(4個)を埋めました。

投稿者

tansodaiji

からだに優しい野菜つくりをめざしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)